BUNTARO Kato Blog

☆ music video "under the full moon" was Completion

 

今年6月の初め、バリ島、ウブドにあるコマネカリゾートホテルのギャラリーで、

ジャズピアニストの木住野佳子さん

と、日本とバリ島で活躍するオーボエ奏者のtomocaさん

によるデュオのライブがあり、私はムービー撮影を依頼されました。

日本でミュージシャンのMVは作っていたし、バリに来てからはもちろん写真撮影はやっていましたが、久しぶりのムービー撮影でした。

機材を揃え、一人で数台のカメラで撮影後、編集作業がやっと終わりました。

選ばれた曲はライブのアンコール曲で、タイトル名はインドネシア語で、”Dibawah Sinar Bulan Purnama”

(満月の光の下で)。

これは1940年代のインドネシアの戦時中に歌われ、戦争で荒んだ民衆の心を癒したとても美しい曲です。

 

そして、ビデオ編集が完成したのは、奇しくも中秋の名月を明日に控えた晩になりました。

 

     今宵満月の夜に是非この映像をお楽しみください!

 

 

 

 

 

| Film | 23:28 | comments(0) |
☆ in the「Bali Dream Special at Shibuya Saravah 東京」
◎告知 オーボエ奏者、tomocaさんのライブ『Bali Dream 』で、久しぶりにスライドショーをやります。 バリの写真達と映像で、バリドリームへとお連れします。 日時 : 11月4日(土) 場所 : Shibuya Saravah 東京 お時間のある方、是非お越しください! deep blue by tomoca from the album "Lotus" tomoca(English Horn) Kazuhiko Obata(Guitar) Yoichi Okabe (Percussion) Composed by Teisuke Oshibuchi Film & Edit by Buntaro Kato (LINKUP Production) Composed by Jamal Mohamed Member : Sriji, Jamal, Andy and Percussion Workshop Student specialguest: Tomoca(Oboe)
| MOVIE | 22:50 | comments(0) |
★ instagram for Doughter of mikael rose


ロードブロックやガン フアィト等、まだまだ荒れていたジャマイカのキングストンで、ブラックウフルマイケルローズの家で居候させてもらってた時にファミリーとスーパーへ買い物に出かけた時のワンショット。 当時、一般に使われる標準や中望遠レンズは敢えて使わずライカに広角レンズを装着し、被写体との距離を、まさに息のかかる位の距離まで寄り、EYE&EYE STYLEでShootingしていた。


| Film | 16:28 | comments(0) |
★ instagram
SNSの中でもここ最近は、フェイスブックよりもインスタグラムが流行っているらしい。 比較的新しいモノ好きの私はアメリカの友人からの紹介で、インスタグラムが出来た当初から使っているのだが、 iPhoneの写真のクオリティの良さと手軽さが相まって、今やお年寄りから幼児にまで浸透しているらしい。 そう言う私もブログの更新よりも、スピード感と、反響のリアルタイム感でインスタグラム優先で利用する事が多い。 そんな私のインスタグラムは→buntaro_kato_photography 是非フォローいただきたい。
| Days day days | 22:37 | comments(0) |
★ Photo shooting for Cirattu
Cirattu

JUGEMテーマ:アート・デザイン

オーガニックコットンやシルク素材を使って全てハンドメイドで縫製し、藍染めや、草木染めで仕上げるバリ島のブランドCirattuさんの撮影をさせて頂きました。 私自身も経験がありますが、天然の染色は定着が難しく、何度も染めを繰り返して染め上げるCirattuさんのプロダクトは驚きの発色でホンモノです。 また、今回撮影したプロダクツは一枚の布に工夫が施してあり、自由に何パターンもアレンジできるオリジナルデザインです。 。 一枚一枚ハンドメイドなので、同じものが二つとないのも魅力ですね。 売れたら販売終了だそうです。 是非チェックしてみてください。 FBページ Cirattu etsy Cirattu
| Fashion | 14:09 | comments(2) |
★【帰国のお知らせ】
| Buntaro Talk | 15:14 | comments(0) |
★ ヨガの小林愛先生
先日バリ島で撮影させていただいた、人気のヨガ先生、小林愛さんのインタビューです。 ヨガに関わるチャクラなどの話は、とかく曖昧で、引用的な話になりがちでケムに巻かれることが多いのですが、 彼女の場合、自身の体覚、体験を元に、明確に説明されているところがすっと入って来ます。 精神論、唯心論になりがちなヨガ話ですが、マナさんの言葉は説得力があり、好感がもてます。 話し方もヨガグルにありがちな思わせぶりが全く無く、チャキチャキですが(笑) ヨガは、印度から発生して、60年代のヒッピームーブメントに世界中の若者が集まり、それに合わせたヨガが形を変えて、現在は多様性を極めてます。 そんな中、自分に合ったヨガを探すのも至難のワザと言えます。 ヨガのスタイルもそうですが、教えてもらう先生の質、相性が重要になってきます。 自分も長いヨガ難民を経て、現在は、自分に合うように感じるヨガを続けていますが、このインタビューを見て、珍しく、自分も彼女のワークショップを受けてみたいと思いました。 沢山のアプローチを用意されて、リトリートをされているので、私のようなヨガ難民は、試されてはいかがでしょう? インタビュー小林愛 小林愛さんのHP
| Artist Foto | 13:49 | comments(0) |
★ 小林愛さんのブログで紹介していただきました。
久しぶりの更新です! バリ島で、ヨガリトリートを主宰される為に滞在されていたヨガの先生、小林愛さんの撮影でした。 ヨガのウェアや、ヨガの先生の撮影は、大体アーサナのポーズの撮影が多いのですが、彼女の依頼は、よくあるアーサナ写真は必要なし、とのこと。 もともとNYとかでモデルとしても活躍されてた愛(マナ)さん。 せっかくバリに来てるから、私がバリに居るシーンを切り取って欲しいとのことで、彼女の発想が面白く、刺激的で楽しく撮影できました。 そして、彼女のブログで紹介していただきました! 小林愛さんのブログ → manakobayasi
| Buntaro Talk | 13:11 | comments(0) |
★ photoshooting for Cafe YAMANEKO
FECEBOOKファンページや、SNSの更新にとられ、久しぶりのブログ更新です。 とは言え、アクセスを見ると一日100 アクセス以上いただいており、大変申訳なく思っています。 スミマセン! さて、今回紹介させていただくのは、宮崎県で「オーガニックカフェ山猫」を営む親友のホームページ作成をお手伝いしました。 撮影は一年前ですが、彼女のインスピレーションで次々と生まれる美味しい料理を見て、そしていただいて、「料理は究極のアート」だと考える私には素直に感動と敬意をもったのを覚えています。 何故なら、料理(作品)を食べる人の事を考えて食材を選び、栄養バランス、色彩のバランスやマクロバイオティック を取り入れた作品は、陰陽のバランスも考えて作られて居るからです。 【画像クリックでホームページへ飛びます】↓ また、お勧めは新発売のヴィーガンスィーツ「チョコバレル」無添加で作られたスィーツは、サーファーでもある彼女らしいネーミングでキュートですね。 相手の事を考える贈り物にもピッタリだと思います。 おためしあれ! 【画像クリックでホームページへ飛びます】↓ チョコバレルのデザインは、ジャマイカ、エチオピアへの旅を共にした朋友、KADS Miidaが担当しました。
| WORKS | 00:37 | comments(0) |
Silent Nyepi Night
 バリの今日、3月9日は、新月と皆既日食が重なるニュピという、バリのサカ暦でいう、新年である。
この日は、電気をつかわず、観光客と言えど外出は禁止される、空港は閉鎖され、たトランジット以外の国際線、国内線共運行は全て禁止される。外出禁止ということで、車やバイクも一切走らないので、この一日は、まるで文明以前の空気感にかわるのだ。
 今年のニュピは、日蝕と重なるということで、メディアでも取り上げられ、午前中は、日蝕観察で賑わっていたし、snsなどでも写真がアップされていたようだ。

私の例年のニュピの秘かな楽しみは、満天の星が輝く夜空を眺めるこにある。
今夜も辺り一面静寂が漂う真っ黒な夜にコッソリ出て観察。
昔、北アルプスの穂高の尾根でテントを張って一夜を過ごした時以上の満天の星に、ただただため息をつくばかりであった。







 
| Days day days | 01:03 | comments(0) |
calender
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
entries
categories
archieves
COMMENT
links