BUNTARO Kato Photography Blog

★ インスタ
2019年に突入しました。
皆さん、如何お過ごしですか?
最近、SNSのインスタグラムはみんなやっていますね?
私も勿論、やっています!
#写真好きな人と繋がりたい
w
是非、フォローしてください。
↓↓↓↓画像をクリックしていただくとインスタへ飛びます。
飛ばなかった時は、こちらへ!↓↓↓↓
https://www.instagram.com/buntaro_kato_photography/
ではまた!
| Buntaro Talk | 17:24 | comments(0) |
★ Ben Harper in Hirorhima.
毎年この日がやって来る度に、胸が締め付けられるように痛みます。
これは日本人として広島の惨劇を知る者として、背負っていかなければならない宿命でしょうか。
ベンハーパーが日本でライブツアーをした時、彼の希望で広島の資料館とドームへの黙祷というスケジュールが組まれました。
オフィシャルカメラマンとして同行した私は、彼が資料館の写真や資料を1文字1文字漏らさず読み、そして心に刻むように写真や資料を見入っている彼を追っていました。
  黙祷。
| Buntaro Talk | 00:00 | comments(0) |
★【帰国のお知らせ】
| Buntaro Talk | 15:14 | comments(0) |
★ 小林愛さんのブログで紹介していただきました。
久しぶりの更新です! バリ島で、ヨガリトリートを主宰される為に滞在されていたヨガの先生、小林愛さんの撮影でした。 ヨガのウェアや、ヨガの先生の撮影は、大体アーサナのポーズの撮影が多いのですが、彼女の依頼は、よくあるアーサナ写真は必要なし、とのこと。 もともとNYとかでモデルとしても活躍されてた愛(マナ)さん。 せっかくバリに来てるから、私がバリに居るシーンを切り取って欲しいとのことで、彼女の発想が面白く、刺激的で楽しく撮影できました。 そして、彼女のブログで紹介していただきました! 小林愛さんのブログ → manakobayasi
| Buntaro Talk | 13:11 | comments(0) |
★ Never forget 1945.8.6

この日を特別な記念日としてではなく、心に刻み、次の世代にも伝えていかなければなりません。


Ben Harper( Hiroshima Peace Memorial Museum)


Ben Harper (Hiroshima gig)





| Buntaro Talk | 11:31 | comments(0) |
Buntaro Kato Photography Facebook page


Facebookをされている方は、是非「Buntaro Kato Photography」のページをチェックしてください。
Buntaro Kato Photography Facebook page











| Buntaro Talk | 15:54 | comments(0) |
★ 悪友からの贈り物





 悪友から思いがけない贈り物をもらった。
Nikon,フィルムカメラの「隠れた名品」(と私は思って居る)だ。

今やカメラはデジタル化で、フィルムカメラはマニアックになってしまったが、
今でもこのアナログ写真の味を超えるデジタルは不可能である。
かといって、デジタルを否定するのではない。
アナログカメラと、デジタルカメラというのは、別物なのだ。
アナログはアナログの、デジタルは、デジタルの「良さ」がある。

このカメラは、写真をやり始めた当時、サブカメラとして持って居た型だが、カメラマニアでは無い私も、久しぶりに手にしたその質感は、その重厚さ、重み、シンプルなだけに手ごわい感じがとても良い。
一押し一押しを丁寧に撮る感じがいいのだ。

悪友曰く、「こういうモノは、やはり、持つべき人がもっているべきだからね」という、憎いセリフを添えて私の元へ、届けてくれた。

ありがとう、悪友。





| Buntaro Talk | 00:33 | comments(0) |
★ New Year
 






 

 

   We ask for your continued support again this year.
                                                                     Buntaro Kato Photography



| Buntaro Talk | 13:25 | comments(0) |
★ お知らせ
◯  このブログの読者へお知らせ。
私は3年前にインドネシア、バリ島へと流れついたが、言ってみれば未だ旅の途中のようなものである。
 
この「楽園」や「神々の住む島」と云われる島では、かつての日本が辿って来たように、土地の高騰と共にネットやスマートフォンの普及で情報は隅々まで届き、急激な変化のまっただ中に居る。
物価の高騰や情報の普及は、観光地や都市部への潤いをよそに、一般のバリ人達にも少なからず多々の変化をもたらしているが、未だに神がそこら中に住むこの島の日々を、しばらくはじっくり観察して撮り続けることにした。
そして、このブログとは別に、この島のイマを残す為のブログを立ち上げた。
このブログに関しては、一ヶ月間ワンコイン(100円)の有料ブログとさせていただきます。
更新は、出来る限り(ネット事情や、撮影など諸々の事情がない限り)毎日アップを自分に課しています。
読者におかれましては、ご理解いただき、どうかこの「バリのひと雫」と題した熱帯の記録を観て、感じていただければ幸いである。
 http://bunshakan.blog.fc2.com/
           
加藤文太郎
続きを読む >>
| Buntaro Talk | 02:44 | comments(0) |
★ Fruit Moon

   Blue Moonがあれば、Fruit Moonとうのがあるらしい。
今夜の月がそれなのだが、果実のような月が現れるのかというと、そうではなく、この日の満月で、果実がよく熟すのだそうだ。
 そして、この満月の光で収穫した果実は、まさに芳醇なものとなるらしい。
月や、太陽などの天体が、動植物に影響するのは知られているが、今夜の月を眺めるに、果実が熟すのであれば、恐らく人間や動物にもその影響があるのではないかと、一人想像をめぐらすのであった。





 

 満月の儀式の祈りの音(声)が響く山中の庵にて。

| Buntaro Talk | 21:31 | comments(0) |
calender
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
entries
categories
archieves
COMMENT
links