BUNTARO Kato Blog

★ Before a dance





 












| Portrait | 02:59 | comments(0) |
★ tIMe to hAnG OuT
 



Time to Hanging out.
                Joel Tudor
| Portrait | 14:03 | comments(0) |
★ Meditation-Joel Tudor
 
 
  Meditation(With his first shape boad) - Joel Tudor


| Portrait | 02:54 | comments(0) |
★ Small nation
 
 小さな国家
 
 
 国家という単位がるならば、家族はその最小単位の国家であろう。

 しかしいま、その国という単位に翻弄されているといえる。
 

 
 ある日、家族の撮影の依頼をいただいた。


 この小さな、しかし平和な国家の写真には、主が写っていない。
 
 この小さな国の平和と幸せを維持する為に、他所の地で働いている。

 
 この写真には、主はうつっていないが、この幸せなシーンには、たしかにいるのだ。
 

 
 国家の主とは、本来そういうものではないのか?
 
 そして、絆とはこういうことをいうのではないのか?
 
 国というものに翻弄される今世、この小さな国家というものを、あらためて見直すべき時が きているといえよう。
 



  いつかこの小さな、そして平和な国の主が揃った時に、再び撮影させていただこうと思う。


| Portrait | 22:49 | comments(0) |
★ Consciousness to become estranged
 

   


 乖離する意識 

 世は選挙が終わり、その結果に悲哀?こもごものようである。

 この結果でこの国が、これからどこへ行くのかの関心ごとは、やはり経済中心のようだ。

 
 この秋、いささかショックを覚えた出来事があった。

 企業のOLを勤める若い女性と話をすることがあった。
 
 彼女の関心ごとは、ヨガ、ヒーリングであり、最近のファッション傾向と日本の代表的な若者達のそれであった。

 話が一息ついたときに、思い切って聞いてみた。
 「ところで、例の原発のことってどう思う?」

 女性は、ほんの少し顔をくもらせた。
 「え?どういう事ですか?」

 「2年前の事故で、フクシマで数万人の人が家や土地を奪われて、いまでも避難所生活をしてる人が沢山いるし、いまでも事故は続いてる」
  このような事を伝えた。

 「へぇー知らなかった」

 ここで私は少し、ショックを隠しきれなかったが、続けて
 
 「こんな話を、友人や会社で話題にならないのかな?」

 少し考えて、
 「全然話す事はないですよ」

 彼女は頭もいいし、性格もよく、いわば日本の経済国家の一端を担ってる代表的OLだ。
 私の話をわざととぼけるようなタイプではない。

 つまり、この国の多数派といえる人達の原発への関心は、この程度なのかもしれない。

 もしかしたら、ポジティブ指向のイマの世で、この話は無意識に忌みされる話題になりつつあるということなのか。



 

 今回の選挙も、争点の中心はやはり経済だったように、この国の多数を形成する人々の一番の関心ごとは原発ではなくなっているようなのだ。


 ショックを覚えたのは、彼女の無知さではなく、これからの人生に拘るこの問題がいまだに継続している中で、以前と同じように普通の意識で暮らしている、ということを全く知らなかった、自分に対してショックを覚えたのだ。

 普段、特殊といえる交友関係の中の少数といえる私と、多数派の人との感覚の隔たりは、思ったよりも深いということか。

 
 しかしこの現実が、この国の経済を以前と変わりなく続けている原動力となっていることも事実なのだ。

 

 
| Portrait | 22:11 | comments(0) |
★ Tukang 供平人)
 

 無言実行の顔

 11/27の拙者のTukang(無言実行)の記事に、内容の地味さの割に、たくさんの同意をいただいたので、新たな職人のポートレートを掲載させていただく。
 
 前回のNyomanのポートレートは、鉄を扱う職人のそれであって、鉄工場の社長である。
 そして今回は、彼の社員たちのポートレートを撮らせていただいた。

 ある日、彼等の現場での仕事ぶりを、ほぼ1日観察させてもらった。

 社長と同じく、彼らも黙々と作業を進めていくのだが、3人とも仲が良い。

 こういう仕事は、連携プレーが大事であるが、軽く冗談を交えながら、淡々と仕事を進めていく姿は、私のような共同作業が苦手なものとしては、うらやましいほどに気持ちが良い。

 そして、先に社長が現場を離れたあとも、変わりなく仕事を進める彼らの姿から、Nyoman (社長)の人格が見えてくるのである。
 
 人格が顔を作っていくというが、Nyoman共々、カメラを向ける彼らの顔は、どこぞの国の政治家の顔とはかけ離れていい顔をしていると思うのだが。
 どうだろう?

 
| Portrait | 01:33 | comments(0) |
★ Power of the smile
 


   Power of the smile

 今世は癒しがブームである。
この国の頼りない舵取りを見ていると、癒しがブームになるのは言うまでもない事だ。
 
 癒しとうのも色々あるが、この世に男性と女性がいる限り、人間の基本的な癒しは、お互いに向けられる心から出る笑顔であるといえる。
 
 プラスティックスマイル(表面上の笑顔)ではなく、相手に向けられる嬉しさ、楽しさ、幸福感は、波動(ヴァイブレーション)というものがあるとすれば、一瞬に相手に伝わり、相手を同じ幸福感(波動)に包む事が出来る。

「Buntaroは、小難しいことを書くが、女性のポートレートは撮らないのか?撮れないのか?」という声があるのかないのか知らぬが、このブログを見てくれている男性諸君に、たまには笑顔(good vibes)のプレゼントをしよう。




ps.女性に贈られる「男性」の笑顔のポートレートのリクエストは、いまの所受け付けていない。

| Portrait | 22:46 | comments(0) |
★ Tukang(職人)
  


 Nyoman (Ironworkers)

  無言実行
 
 人の顔は、その人と、なりを表すという。

 私は、インドネシアという地において、ある縁がもとで、Tukang(職人)という生業に就く人々に、よく拘ることになった。

 この世に、有言実行という言葉がある。
この職人という職業に就いた人達は、好む、好まざるに拘らず、無言実行という仕事をこなしていく事になる。

 そして、人間には人それぞれのパーソナリティー(性質)があるが、'職人'という職に求められる、我を殺して、淡々と求められる仕事をこなしていく、無言実行という性質に、パーソナリティーがそぐわないと、その職業は向いてないということになるわけだ。

 私は、ベテランといわれる職人、若手の職人達に、日々会う事になるのだが、長年この仕事をこなすベテランの職人が造り上げたその顔をまじまじと眺めるに、感慨を深く持つ事になる。





| Portrait | 23:48 | comments(0) |
★ Prof-I
  Reggae Muzik好きな人なら、ご存知70年代のJamaicaの熱いシーンを描いた'ROCKERS'で、スタッフ、出演者のItal Foodを提供し、この人無しではあの名作は生まれなかったという、オーガナイザーでもある、Prof-Iのポートレートです。



  Prof-I (Jamaica)


prof-i of the person of consequence that a supported ital food of the staff and the performer in "rockers" of the Jamaican movie.

  Stay Tune!


| Portrait | 21:29 | comments(0) |
★ Thomas Campbell
 

 
 
Thomas Campbell
 He is master quiver of surfing Films. 
 like The Seedling, Sprout, and his latest The Present.



| Portrait | 10:17 | comments(0) |
calender
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
entries
categories
archieves
COMMENT
links