BUNTARO Kato Photography Blog

<< ★ 死ヲ想フ旅 其の一 | main | ★ 死ヲ想フ旅 其の三 >>
★ 死ヲ想フ旅 其のニ


かつて、この地では家族が家で死を迎え、誰もがヒトの死に様を見つめ、死を想い、観じて命をまっとうに生きていた。




Once they took death at their own home,
And  everybody stared at dying of the person,
was deep in thought about the death,
and felt the death,
 then lived proper life.

| Buntaro Talk | 20:36 | comments(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
calender
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
entries
categories
archieves
COMMENT
links