BUNTARO Kato Photography Blog

<< ★ Power of the smile | main | ★ Consciousness to become estranged >>
★ Tukang 供平人)
 

 無言実行の顔

 11/27の拙者のTukang(無言実行)の記事に、内容の地味さの割に、たくさんの同意をいただいたので、新たな職人のポートレートを掲載させていただく。
 
 前回のNyomanのポートレートは、鉄を扱う職人のそれであって、鉄工場の社長である。
 そして今回は、彼の社員たちのポートレートを撮らせていただいた。

 ある日、彼等の現場での仕事ぶりを、ほぼ1日観察させてもらった。

 社長と同じく、彼らも黙々と作業を進めていくのだが、3人とも仲が良い。

 こういう仕事は、連携プレーが大事であるが、軽く冗談を交えながら、淡々と仕事を進めていく姿は、私のような共同作業が苦手なものとしては、うらやましいほどに気持ちが良い。

 そして、先に社長が現場を離れたあとも、変わりなく仕事を進める彼らの姿から、Nyoman (社長)の人格が見えてくるのである。
 
 人格が顔を作っていくというが、Nyoman共々、カメラを向ける彼らの顔は、どこぞの国の政治家の顔とはかけ離れていい顔をしていると思うのだが。
 どうだろう?

 
| Portrait | 01:33 | comments(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.buntarokato.net/trackback/1042059
トラックバック
calender
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
entries
categories
archieves
COMMENT
links